視力回復までの道のり

中学生の頃から近視で、高校に入る頃には眼鏡を使わないと普段の生活に不自由を感じる様になりました。一度眼鏡を作ってしまうと、どんどん度が強くなって行くのではないかと思い、とても不安を感じていました。

その事を眼科医に相談すると、決してその様な事はないので、安心して良いとの事でしたが、自分では、何とか視力を回復させ、眼鏡などで矯正しなくても裸眼で物が見える様になる様になりたい。と、強く感じる様になりました。視力を回復させるのに良さそうな事は全て試してみました。

遠方凝視やブルーベリーを食べるなどと言った事は毎日行いました。暫くそれらの事を続けましたが思った様に視力は回復しませんでした。その内に視力を回復する事はできないのだ。と、半ば諦めの様な気持ちになり、何もせずに生活を送るようになりました。私には、視力回復なんて無理だったのだと、自分で自分に言い聞かせていたのです。そんなある日、レーシック治療で視力を回復した友人がいて、大変興味を持ちました。

でも、本当にこの方法で視力を回復させる事ができるのか、又、安全性は大丈夫なのか、とても気になっていました。そこで、専門家の意見を聞きに眼科医を尋ね、納得の行くまで説明してもらい安心して、手術を受ける事ができました。何十年も悩んでいた、物をきちんと見ると言う事が、いとも簡単にできる様になり、本当に嬉しい気持ちで一杯になりました。